カテゴリ:八ヶ岳の無農薬野菜宅配( 163 )

八ヶ岳のふもとの畑だより 2018年12月25日(火)はれ

年の瀬を迎え、いつもあわただしい暮らしぶりは変わらないものの、年を重ねるにつれて働く時間は短くなり休養の時間が増えています。朝はゆっくり起き、部屋に朝日が入ってからもしばらくうつらうつらしながら体を少しづつ動かしてからおもむろに起き上がります。まだ本格的な寒さは来ていないのに灯油ストーブをつけ、まきストーブをつけ、暖かくなったら灯油ストーブを消してお茶を飲む。ゆっくりとしているので一日がより短く感じます。ようやく八ヶ岳の赤岳も真白に輝きピリピリとした寒さを感じます。

2月に沖縄に行くことができ、身近に感じることができかけがえのない地球生命圏を破壊し続ける現代社会の病いの深刻さをつくつけられるばかりです。とはいえ、問題は人間の思考、行動なので。替えられるし、おのずと変わると思っています。政治が解決できるのは少しのことです。何でもできるかのようにふるまう政治家はいざという時、スーと身を引き責任を取らないでしょう。美と調和の道を歩んでいきたいと強く願っています。

来年は、1月8日と1月22日発送日となります。お世話になりました。
皆様が美と調和の間に暮らしていけますようにとねがっています。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
もち、里いも、白さい、人参、かぶ、こまつな、キウィ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by mitsui_farm | 2019-01-01 19:01 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2018年11月28日(水)はれ

今年の夏は暑かったので、キューリ、インゲンなど少なかったけれど、トマト、カボチャ、サツマイモ、水稲などには適していたように見えます。

台風は、ここでも倒木、大量の雨による被害がありました。
我が家では川沿いの水田に土石流が入り一抱えもある石などの下40cmにサトイモが埋もれ、人参、春菊も亡くなりました。もう少しで収穫の水稲は土砂の中から掘り出しました。耕していないので畑の土は流されることはなかったので、石を取り除いて水田を高くすれば再生できそうです。手間はかかるけれど重機に頼らずカンやビン、プラスチックゴミをひろいながらやります。

様々な災害があるとこれを機会に役所になおしてもらおうという件もあります。私のところは人手でやりたいのでことわりました。

里芋はよく成長していたのでざんねんですが、石と共に掘り出してみると乳の中でしっかりしていました。1ヶ所掘るのに石を一輪車半分くらい運び出しています。少しづつやっています。土石流が入ったのはクルミの古木が倒れて川をせき止めたのが原因のようです。そうでなくても大量の水が水田意入ったと思いますが。。。

野菜を食べていただきありがとうございます。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
カボチャ、人参、小かぶ、ターツァイ、水菜、こまつな、大根・青長大根
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by mitsui_farm | 2019-01-01 18:58 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2018年11月20日(火)はれ

雨が降りそうで、振り返ってみるとしばらく雨が降っていません。とはいっても土が乾いてるわけでもなく地面は湿っています。定植を終えた玉ネギも葉がピンと立ち並んでいます。小さい苗ですが元気です。霜は降りているけれど暖かい気候なので葉物も傷んでいなくて小松菜は大きくなりすぎました。

洪水で土砂が入った畑に種まきした小松菜(10月5日頃)もおおきくなり食べごろになっています。この畑は、約20cmの高さに土砂が入ってきて、春のエンドウのネットを外して、支柱がそのまま立っています。ショウガは草におおわれていて諦めていたところですが、その砂の上に小松菜をバラまきしておいたのです。気がついたら緑が広がっていました。

毎日まきストーブをたいています。夕方15℃ぐらいでもじっとしていると寒く感じ、一抱えまきを運んで来ます。たきつけには枯れた木の小枝です。畑で支柱に使っていた竹もよいたきつけになります。幸い乾いているので大目に用意して備蓄しています。

そろそろ、林の木の伐採したいのですが心身の準備ができていないので、なかなか手出しができません。とはいえ、朝から晩まで農作業に明け暮れるほどには勤勉ではありません。たまに図書館に行って本を借りて読んでいます。孫達と動物園にも行って来ました。一人でも行くほどにはスキではないのでよい機会でした。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
黒米、さつまいも(安納いも)、大根、人参、こまつな、春菊
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


by mitsui_farm | 2019-01-01 18:55 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2018年10月30日(火)はれ

秋晴れの山桜の紅葉が降り落ちて、枝が青空に展開している状態で陽の光が明るく地上に降りてきます。連日、朝は軽い霜が降りるような天候になり葉物の成育はゆっくりになっています。

歯痛となり、しっかりかみしめなくなっています。どうしても柔かい食べ物になっていますが、私のソウルフードさつまいもが主食のようになっています。幼い頃の秋冬のおやつは、さつまいもが多かったのですが、いまだに嫌いになることもなく食べています。カヤネズミがかじったさつまいもがいつでも食べれるように食卓にあります。

台風の洪水に遭った川沿いの水田の稲刈りを昨日しました。不耕起の水田なので、稲の根はしっかり根付いていて、土砂に20cm~30cmも埋もれながらも、いのちの営みはそこの場で精一杯されている姿から清々しく気持ちおだやかに作業が進められました。小さなコンテナを2つ。1つはプラゴミを入れる、もう1つは落穂を入れるのを用意して、茎につかえたゴミと土を払い落とし、穂もゆすって埃をとばしながら小石まじりの濁流のところは、わらもだいぶ痛んでいました。半分ほどの収穫です。思ったより多かったです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
さつまいも(紅あずま)、ケール、まびき人参、青パプリカ、こまつな、からしな、ニラ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by mitsui_farm | 2019-01-01 18:50 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2018年10月2日(火)はれ

台風24号は、ここでも激しい雨と風が襲来しました。

テレビでも沖縄の知事選のことはほとんど取り上げられませんでしたが、大差で玉城氏が選ばれたことは良かったです。日米地位協定を見直すこともせずアメリカから高額な武器を購入し中国や北朝鮮と敵対関係を強めるのはとんでもない方向に進めていると危惧しています。かつて中国、朝鮮を始めインドシナまで占領したことからすれば、敗戦をきっかけに隣国との関係は平和を構築する道を選ばないといけないのにアメリカの前線になっています。こんな関係長く続けられるはずはありません。
さて、24号の台風では水の取入口は土砂で埋まりましたが土砂を出せば問題ありません。

川沿いの田畑は約1メートルの高さの○洪水が入ったようで様相は一変していました。川沿いに生えていた胡桃の大木が根こそぎ動き皮を塞いだため、土石流となって田畑に入ったのです。

昨日、水田の稲は土砂の中から救い出しました。1/5ぐらいは土砂の中に稲穂が出ていたり出ていなかったり。里芋は茎葉が見えるので掘れば収穫できますが春菊、人参は跡形もなく埋もれています。大きな胡桃は川幅を狭くしていたので何とかしようと考えていたのですが自然の大いなる力に委ねて跡片付けです。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも、まびき人参、なす、ピーマン(パプリカ)、ニガウリ、トマト、大根葉、伏見甘長唐辛子、チンゲンサイ、ニラ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by mitsui_farm | 2019-01-01 18:47 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2018年8月17日はれ

三日続けて雷がなり少しの雨の時もあり、一時的に激しい雨降りもありました。おかげさまで土は潤い種をまき終えた人参にも恵みの雨となり、私は毎日の水やりから解放されました。

8月の初めに種まきをしたそばが一斉に芽を出しました。

今朝は秋風を感じさせる涼しく澄み切って気持ちのいい天気に南アルプスもくっきり見え久しぶりの景色でしばらく見入っておりました。

出穂を始めた水田の稲は通路も見えなくなるほど草々が生えていますが、一列おきに草々を刈り敷きをしています。遅れ気味で下までおひさまの光が入らないところは下葉が枯れ、稲の株も狭いところできゅうくつです。下草を刈ると株がひろがって、太陽の光を受け取れるので元気になれます。穂が出ているのであまり触りたくないのですが、稲の列の間に入って、鋸鎌や大鎌を使って草々を刈り敷きます。

スイートコーンはあっという間に終わり、ネットで囲っているリンゴにも木登りして野生動物が食べているようで、徐々に減っています。やはり捕まえるしかないのでしょうか。<三井和夫>

下の写真は今朝届いた野菜たちです。
e0111918_11034261.jpg
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
キューリ、トマト、ぴーまん、なす、モロヘイヤ、バジル
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2018年度の野菜購入申し込み随時!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
          0551-32-4705 三井和夫         
     又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/

by mitsui_farm | 2018-08-18 11:14 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより2018年7月6日(金)雨

終わったはずの梅雨が戻り梅雨になっています。田植え主体の農作業をしています。その間に果菜類の手入れ種まきなどをしています。

今年も田植えは7月にまだやっています。まだ道半ばなのです。大きく育っている苗は狭くなった苗床で下葉に陽が入らなくなり黄色い葉になってきました。もう早く一人立ちしたいのに出来ないでいるので、田植えをして広い田に展開すると思い切り呼吸もできて、のびのびしています。2日前に植えた苗はもうしっかり根を張り手で抜きにくくなっています。

耕さない水田では全て人力でできますが広い面積はできません。機械に依存していると効率が良いと考えられますが、水田の外からもちこむことになる様なもの、ことを考えると、エネルギーは増えていないでしょう。様々な人資源に頼っての稲作は持続可能とはいえないように思います。何ももちこまないでもお米作りはできます。外の場所、人に負担をかけることもありません。1日中田植えを続けられる日は何日もありません。週2日でしょうか?

今朝収穫のため畑の桃の木の下にいってびっくり、袋と桃が散乱していました。まだ少し早いのに野生動物が食べ散らかしていました。まだいいだろうと思っていたのに。。。網で囲う必要があります。
少し若くて硬い桃ですが香りはよいです。
<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
大麦、玉ねぎ(近所の林さん作、有機栽培です)、人参、キューリ、ニラ、大葉、スティックセニョール、かきちしゃ、ズッキーニ、桃
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2018年度の野菜購入申し込み随時!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/

by mitsui_farm | 2018-07-09 21:04 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより2018年6月22日(金)晴れ暑い

稲の田植えが始まりました。水に恵まれて、オケラに食べられたりしたものの、余るほど、そして元気に苗はせまい場所から独立したがっているように見えます。

今はこの田畑に生きる全てのいのちが輝いています。混み合っているところは淘汰され太陽のエネルギーを受けるべく地上をおおっています。冬のいのちが終わり夏のいのちの全開です。
まだ畦塗りも終わっていないのが情けないところですが、全て同時進行です。

昨日は夫婦別々の場所でやりました。1本1本、田に移植しているのは充実したときです。1日中やりたいのに、なかなかできないのです。

一昨日の雨で川の水が増え、用水取入口上の護岸に置いてある大きな石が収入口を塞いで、水が分かれ岸を削ってしまいそうです。どうしたものか重機でつんだ200kgもある石。研修生に呼びかけ、とにかく見てからやり方を考えようと水路沿いを辿って約10人、石にロープを巻きしばり、2つに分かれたロープで岸の上から綱引きをし、2人で石を押してみたら動き、岸に戻せました。とりあえず動いて安定した場所になったので、スンナリ終了しました。

水路沿いを歩くのはいつも楽しみです。川の水の音に林の中は鳥も鳴き山野草も折々楽しめるのです。夕方は上の方の田の人が、水を入れているのか少なくなったので、水の取入口に行き、水を増やしました。雨が降れば閉じ、晴れれば開き、水を扱うのは大変です。水田に水を入れ始めたので増量しました。この水は本当にすばらしいといつも感動します。
美しい川に戻したいとつくづく想います。
<三井和夫>--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも、まびき人参、グリンピース、スナックえんどう、そらまめ、あやめかぶ、かきチシャ、ブルーベリー
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2018年度の野菜購入申し込み随時!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
by mitsui_farm | 2018-07-09 20:51 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年11月17日(金)はれ

寒い日ですが、風がなく落ち葉が地面に敷きつめられてきましたので、日ざしも増え家のまわりはだいぶ明るくなりました。新しくセットしたまきストーブは家全体が暖かくなり底冷えはしなくなりました。室温15℃くらいです。まだ冬囲いが整っていないので暖かい空気は外に逃げているようです。外の農作業は冬に向けての準備が急がれています。

稲は、はざかけしてあるものは、過乾燥になってきました。ようやくこの地域に本来の初冬になりほっとしているところです。稲の脱こくが当面の仕事です。大豆は発芽したばかりのところを鹿に食べられてしまい、場所を変えて面積も少なくなりました。

種まきも遅れに遅れたのですが、なんとか充実した実になっています。畑はこれ以上おいておくと、はぜて実が地面に落ちてしまうので刈り取り時期です。

猪が竹を縛っている縄が腐ってきて、もち上げて入ってしまうようになりました。田畑の水気が多いところは大喜びで暴れたようです。幸い収穫栽培したものは食べられていません。

夜が長くなり干し柿づくりやインゲン豆の選別をしています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
カボチャ、大根、白さい、人参、ニンニク
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by mitsui_farm | 2017-11-23 19:39 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年10月24日(火)くもり

台風の雨と風、日本各地で大変な災害をもたらしていきました。

競争と、敵・味方など国内外に対立していく方向に向かって加速しているようです。
足元に目をすることなく、今を見失って将来の不安をかきたてているようです。豊かな所にすんでいながら、なんとたくさんの人が貧しく暮らしているのかと思います。

田畑の横を流れている川は長い雨で増水し、台風の深夜の激しい雨であふれて、大豆、里芋などを植えているところを流れたようです。稲のところは難をまぬかれました。適期の稲刈りは長雨で遅れています。

幸いなことに猪よけの竹柵が功を奏して水だけが入りゴミは止められました。水の流れも土砂が流され川巾も広くなったようです。
これからも増水は何度もあるでしょうが人の力で川の流れは変えられます。大規模な土木工事はその時は良いでしょうが長井間には異物となり却って災いをもたらすものになります。

日本には記録に残すことの大切さがまだわかっていないのでしょうか。人の住む所、第二次世界大戦、敗戦直後の記録の処分など、しっかり記録することの大切さを知らない人が「歴史家に判断してもらう」というのですから、根拠があいまいで判断できないでうやむやになってしまいます。これでは人類の知恵が蓄積されません。<三井和夫>
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
里いも、白菜、かぶ、ピーマン、水な、伏見甘長唐辛子、長ねぎ(林さん作有機栽培です)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

by mitsui_farm | 2017-11-23 19:32 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配