<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年11月17日(金)はれ

寒い日ですが、風がなく落ち葉が地面に敷きつめられてきましたので、日ざしも増え家のまわりはだいぶ明るくなりました。新しくセットしたまきストーブは家全体が暖かくなり底冷えはしなくなりました。室温15℃くらいです。まだ冬囲いが整っていないので暖かい空気は外に逃げているようです。外の農作業は冬に向けての準備が急がれています。

稲は、はざかけしてあるものは、過乾燥になってきました。ようやくこの地域に本来の初冬になりほっとしているところです。稲の脱こくが当面の仕事です。大豆は発芽したばかりのところを鹿に食べられてしまい、場所を変えて面積も少なくなりました。

種まきも遅れに遅れたのですが、なんとか充実した実になっています。畑はこれ以上おいておくと、はぜて実が地面に落ちてしまうので刈り取り時期です。

猪が竹を縛っている縄が腐ってきて、もち上げて入ってしまうようになりました。田畑の水気が多いところは大喜びで暴れたようです。幸い収穫栽培したものは食べられていません。

夜が長くなり干し柿づくりやインゲン豆の選別をしています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
カボチャ、大根、白さい、人参、ニンニク
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by mitsui_farm | 2017-11-23 19:39 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年10月24日(火)くもり

台風の雨と風、日本各地で大変な災害をもたらしていきました。

競争と、敵・味方など国内外に対立していく方向に向かって加速しているようです。
足元に目をすることなく、今を見失って将来の不安をかきたてているようです。豊かな所にすんでいながら、なんとたくさんの人が貧しく暮らしているのかと思います。

田畑の横を流れている川は長い雨で増水し、台風の深夜の激しい雨であふれて、大豆、里芋などを植えているところを流れたようです。稲のところは難をまぬかれました。適期の稲刈りは長雨で遅れています。

幸いなことに猪よけの竹柵が功を奏して水だけが入りゴミは止められました。水の流れも土砂が流され川巾も広くなったようです。
これからも増水は何度もあるでしょうが人の力で川の流れは変えられます。大規模な土木工事はその時は良いでしょうが長井間には異物となり却って災いをもたらすものになります。

日本には記録に残すことの大切さがまだわかっていないのでしょうか。人の住む所、第二次世界大戦、敗戦直後の記録の処分など、しっかり記録することの大切さを知らない人が「歴史家に判断してもらう」というのですから、根拠があいまいで判断できないでうやむやになってしまいます。これでは人類の知恵が蓄積されません。<三井和夫>
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
里いも、白菜、かぶ、ピーマン、水な、伏見甘長唐辛子、長ねぎ(林さん作有機栽培です)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by mitsui_farm | 2017-11-23 19:32 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年10月13日(金)雨

今日から雨がしばらく続くようです。昨日まであたたかい日で農作業は充分できました。休憩中に蚊が近寄ってくるくらいの天候でした。小雨の中朝の収穫を終え、発送準備中は冷たい雨が降り続いています。

稲刈りはもう少し先になります。早生の稲刈りにもまだ熟し方がもう少しというところです。稲の条の間に大麦は種まきし始めました。草の生えている状態のところに上から播き、草を土に接するところで刈り敷き、大麦の種が地表に着地し飢えに草が敷けている状態にしておけば発芽し育ちます。水田に水はもう入れていないので、麦の発芽にはちょうどよいのです。

衆院議員選挙があります。その場を取りつくろって謝金は増える一方、原発事故で失われたものの大きさをかくすようなオリンピック。人は益々、金でがんじがらめになって人としての行き方をまひさせてしまっているようです。人として人生を全うするに、自立は大切です。自立して他の人も自立できるように思います。

生き物としての人は全て他に依存しています。都市と地方も依存しあっていますが、バランスが崩れています。地方の豊かさを失った都市というのもないでしょう。植林はイベントではなく山々の手入れをし、大切にして、豊かさを実感し暮らしに直結した自然の中で、生きていく人が増えて欲しい。
<三井和夫>

[PR]
by mitsui_farm | 2017-11-20 20:58 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2017年9月26日 はれ

澄んだ空気の中に金木犀の花の香りが漂ってきます。いつもより乾いたこげたにおいに感じ、郁子に話すと「同じ」というので、私の嗅覚が少し変わっているのかと思いました。土手の草刈りが遅れているので、秋の草花がたくさん咲いているのですが、つりがね人参がたくさん咲いています。

今野菜が高いらしく、水耕栽培とか冷凍野菜が安くて重宝すると言うのですが、多くの電力と施設を使っているのに、安くなるというのは、どう考えてもおかしいです。片付けることも考えれば、コストは高すぎるくらいになるのです。補助金とかも相当あるのでしょう。

私は閉ざされた空間(外から全て依存している)で食べ物を栽培したくない。外の空気・光・におい・音など触れて感じながら、地上に宇宙に生きていたい。そういうところで栽培を続けていくことで、いのちのが全うできると思っています。

北朝鮮がミサイル実験をしたと非難している大国はすでに何十年も前からどのくらいやってきたのか、そして海に陸に打ち込んできたのか。人間の作った法の前に、自然の法がある。そろそろ奪うことをやめないと。<三井和夫>
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも(グランドペチカ)、キューリ、トマト、トマトサンマルツアーノ(加工用)、ニガウリ、まびき人参、ピーマン、チンゲンサイ、いんげん、ズッキーニ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



[PR]
by mitsui_farm | 2017-11-20 20:49 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配