<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年10月9日 はれ

冷涼な気候の秋晴れが続いています。

収穫の秋、穀類、豆類、キビ、アワ、ゴマ、アズキ、など少しづつ収穫し、果菜類(トマト、ナス、キューリなど)の種どりも進めています。胡桃もひろい集めています。栗は不作で虫食いが多く、それでもゆでて食べています。小さな山栗の肉がしまって、奄美の強いのにあたると喜びも大きいのですが、はずれが圧倒的に多いのです。

お米の稲刈りを前に大麦を種まきし始めました。稲の列の間に一列おきに種を降ろして、生えている草を刈り敷き地表に落ち着かせてやれば稲刈り時には一斉に発芽しています。小麦の種まきも始めます。

夕方がすぐ暗くなってしまうので夏場のようにゆったりできず、迫られているかんじです。

TPPにまどわされることなく持続可能な生態系のなかで競い合うことなく精一杯自分にできる事をしていけたらと思っています。現場の最前線でやっている人が生き生きしていない競争社会は味気のないものです。何のためにそれほど人間同士きそいあい争うことにとらわれなければならないのか、失うものの多い現代です。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
カボチャ、まびき人参、なす、ピーマン、トマト、春菊、チンゲンサイ、ニラ、万願寺唐辛子

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2015-11-29 21:45 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年10月6日 はれ

秋晴れです。朝と夜は涼しくなり、ストーブが欲しくなります。

畑の草は勢いがなくなり、水田の草を刈って敷いていても、抵抗がなく疲れることも少ない。みぞソバのピンク色の花がかわいく、たくさん咲いているのです。稲の茎の間を通って、まるで編み物のようになっていますがそこは少していねいに、ほどくようにして地面に敷いています。ヒエも実をつけて枯れてきました。稲刈りは10月中旬ですから、それまでに草を刈り敷いて根元まで太陽を届けたいと思っています。

TPP(環太平洋パートナーシップ)が合意されたようです。これはいってみれば得意分野を地域ごとに分け合おうということで、経済を活性化して競争し合おうということだと思います。お互い輸出し合おうということです。効率の悪いものは切り捨てていこうという考えです。これによって豊かになるのかというと逆で、人が住んでいる地域は特殊化され、多様性は消えていきます。多様性がなく単純な自然などありえません。人間はまだまだ自然から奪い、貧困への途を歩み続けているようです。すぐ横に、まわりに豊かさに囲まれているのに。(三井和夫)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】合計:1500円
カボチャ、まびき大根、ニガウリ、チンゲンサイ、ニンニク、なす、ピーマン、トマト

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2015-11-29 12:14 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年9月11日 はれ

長く降り続いた雨、もう一日降っていたら、川沿いの畑のナス、ピーマン、里芋、水田の稲も冠水していたでしょう。関東東部、東北の水害も他人事ではないことです。

人と人は争うのが本能かも知れません。スポーツなどルールの中での争いです。ゲームでの争いもあります。武器を持っての争いは何の解決にもなりません。自然に対しても、人類は勝とうとしてきました。

人類の成長段階において、そろそろ次の段階に移行していく智恵は十分学んできていますが、いまだ過去にとらわれて成長していく勇気がないのか、まだそれほどに成長していないのか、より一層せかせかと考えることもせず突き進んでいるようです。立ち止まって今の状態を考える余裕もなく、その時々に問題を解決せず、先送りしているので問題は困難になる一方です。

災害があると自然に問題があるかのように問題を他に求め、人間の生き方を客観視できずにいます。自然はそのまま受け入れた上での人間の智恵を十全にはたらかせて、生きていく道は楽しいと思うのですが、武器など考えたり作っているヒマは今の人類にはないと思います。<三井和夫>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
カボチャ、キューリ、なす、ピーマン、ニガウリ、いんげん、トマト、トマトサンマルツァーノ、パプリカ、バジル、大葉、人参葉、大根葉、万願寺唐辛子

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2015-11-29 11:40 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年9月1日 小雨

しとしとと雨が降りまた止み、再び降る日々が続いています。

先週火曜日から金曜日まで、インド生まれの英国の青年が、自然農の研修に来ていました。日本語を学んでいて普通の会話は日本語でした。福岡正信さんの著書を読んでいて自然の農に関心があり、縁あっての来訪でした。

畑で草刈り敷き(耕さない)や大根の種まき、白菜の定植など共に作業しました。大鎌での作業はたやすかったのに、膝を曲げて座っての作業はつらそうでした。日本の今の若者が苦手な座り方、若いインド系イギリス人も苦手でした。

ほとんど雨も模様の天候で、富士山どころか八ヶ岳も雲の中、太陽も雲間から少し見える状態で残念でした。自然農の田と畑の様子はとても気分よく、美しさも感じてくれたようで、それはよかったです。真剣に作業に取り組み弱音をはかなかったけれど、家に帰ると疲れて、夕食に起こしに行くまで知らぬ間に寝てしまっていました。

雨の中まいた大根、定植した白菜も元気に育ち始めています。人参も大きくなり急に間引きのタイミングになりました。雨に弱いトマトは味がおいしいくなってきたのに、日ざしもないので、ヒビが入って玉割れが多くなり葉や茎が病んで着ました。草を刈ってせめて風通しを少しでもよくしておきたい。

水路の水が流れていなかったので、遡って(久しぶりに)点検しました。胡桃の古い木が倒れ枯れた木が水路の入り、水を止めていました。雨が続くと胡桃の木はよく倒れます。ふじづるも巻きついていて、胡桃の生命を弱めています。あと一ヶ月水を要します。<三井和夫>

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】合計:1500円
パプリカ、ピーマン、キューリ、なす、トマト、ニガウリ、人参葉、モロヘイヤ、大葉 


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2015-11-29 11:20 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配