<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年12月10日(雨)

田畑は冬景色です。毎日のように霜がおりていますが、土は凍るほどにはなっていない状態です。一週間でどんなことをしていたかと振り返ってみると、田畑の作業は遅々として進んでいないのに、家の冬支度とか、まき作りなどが増えてきています。

晴れの日が続き、よううやく里芋堀りが終わり、長芋、大和芋をこれから掘っていきます。ゴボウは相変わらず今年も出来ませんでした。毎年作付けているのですが途中で消えてしまいます。やはり根物にはモグラの活躍しすぎているところでは育たないのでもっとこまめにみていないとできないようです。

日陰に育ったこぼれ種からできるゴボウはちゃんと育っていて、種どりをして畑に播いているのです。過乾燥の土になると(特に今年はすごかった)育っていても枯れてしまいました。保水力のあるところで育つのですが水田の転用した畑では、粘土層を壊してしまうので、栽培は控えています。

年末になると、いろんな反省・課題を考えてしまいます。この一年を見渡せる心境になっているのかなと思います。
<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
カボチャ、白菜、ホレンソー、大根、小松菜、キウイー、もち(昨年収穫、最近もみすりしたもち米)もちつき機でついた

e0111918_16342474.jpg



バリ島からおしゃれなアクセサリーを直送いたします!
http://namasaya-tomo.ocnk.net/
e0111918_1194620.gif
[PR]
by mitsui_farm | 2013-12-10 16:01 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年12月6日(晴れ)

今年はいつの間にか12月に入ってしまっているという感覚です。自然農で栽培していると、田、畑は自然の循環の賜物で他所からもちこまなくても(肥料、堆肥、農薬など)その場に応じて、十分な食べ物を作り出してくれます。

いのちが巡るからこその収穫に耕すことは必要ありません。そして他の所のいのちも育むと終えます。どこの場所でも奪うことなく栽培できます。

今の社会状況はまさに他からいかにして奪うかを考えつづけているように見えます。奪うことには不安もついてまわります。そうして自らを縛っていくように見えます。
国境の枠を越えて広い視野に立って見まわすことのできる政治家が出ることを望んでいます。

さて、冬の準備の農作業を進めていところですが、葉物は小さくて届いた野菜の調理も大変だと思いつつの収穫です。だいぶ少なくなってきましたが、年内はこのペースでお届けできると思います。
来年は隔週もしくは月1度、となって、1月いっぱいは送ろうと思っています。

今日もちが入ります。入らなかった方も今月どこかの週で入りますのでお待ちください。
<三井和夫>


----------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
とうがん、里芋、大根、人参、小かぶ、ターツアイ、水な
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2013-12-06 15:41 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配