<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年11月26日(はれ)

晴れの日が続いてくれたので、お米の脱穀が終える事ができました。平行して豆がはじけ飛んでいた大豆も少しづつ脱穀しています。
昨日は雨が降ってくるのが予想され、その前に一段落できました。

稲はよく乾燥していて脱穀機に入れると、回転ドラムの中で実のはじける音がエンジンの音と共にリズムよく響きました。

減反政策をやめることになりそうです。協力することで補助金が農業者にまわります。農業者も国のために協力していると思っていたのでしょう。農はいのちの糧を生み出しつづけることです。その時々にめまぐるしく変わるのは自然現象で十分です。

自立して自然に沿った農業を続ける道を政策は阻止してきました。補助金をもらうことで自立の道を見失ってしまいます。少しの金をもらって、未来を奪われないようにしないと。

現在の人類はエネルギーの浪費と貧っている傾向を強めていますが、生きるに十分なものは必要にして十分備わっていることに気づき始めている人も多くなってきました。

国という枠を保つため軍事力をよりいっそう強めています。秘密も作っていきます。スパイもたくさんいることになる社会にいのちの光輝く未来はありません。人間の正当は、自然の地球全体を見わたして判断していかなくてはならないものです。
<三井和夫>

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
里芋、さつまいも、大根、チンゲンサイ、畑な
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2013-11-26 15:16 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年11月19日はれ

季節風の吹き出しがあり、朝パラパラとあられがとけた雨粒が舞ってきました。短い秋から冬に移行していきます。

連日朝は霜が降り氷も張っているので、葉物も成長を止め静かに寒さの中に生きています。畑は冬枯れとなり収穫物は減っていきます。大根は冬囲いが急がれます。土の中に伏せるのが今まさに時を得たことです。

さつまいもを掘り終え、川で洗い日にあてて、乾かし貯蔵になりますが今年は苗の段階で消えたものが多く、少なめでしたが病気にはならなかったので、洗っていてもきれいな色でした。

生姜も親ほどに大きくならず、一時たくさんできたヤーコンも種イモの保管が悪く、今年は種イモの育成程度にしか栽培できませんでした。

お米の脱穀は少しあとまわしで、他の事を優先しています。

キウイも収穫しました。摘果が行き届かず小さいものもありますが思ったより大きくたくさんでした。キウイは追熟して届けられるようにします。

紅葉した木々の葉が北西風に舞い上がっているのは美しい光景です。<三井和夫>


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
カボチャ(すくな)、人参、大根、ターツアイ、じゃがいも(アンデス)、白菜、キウイ

昨日夕方、佐川急便で届いた野菜たちです。

e0111918_16372116.jpg

e0111918_16373713.jpg

e0111918_16374979.jpg

↓これは、何?カボチャ、、、らしい(笑)。
e0111918_1638132.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by mitsui_farm | 2013-11-21 16:44 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年11月12日快晴

今朝初氷でした。強い霜に霜柱ができているところもあり、昨夕とは景色が一変しています。

里芋は全部グッタリと葉が倒れ、大根の葉も下向きになり土から出ている部分が凍ったようになっています。小蕪も一部凍っていました。昨夕保温のネットをかけた水菜は大丈夫でした。これからネットを葉物にかけます。

昨日も玉ネギの定植をしていました。北西から冷たい雨混じりの風が吹き一時寒さで凍えそうな時もありましたが、すぐに風も止み静かになりました。いつも玉ネギの定植の頃は冷たい風と時に雪も混じって到来するので少し安心です。

玉ネギは購入苗と近所でいただいたのを植え終え、小さかった我が家の苗もだいぶ大きくなったので、思ったよりたくさん植えています。小さい苗はそのまま苗床に残し大きい苗を抜いて定植です。

ネギ葉虫が産卵に来ていて毎日捕まえています。メスはおなかが大きく、つぶすと美しい黄色い卵がたくさん出て来ます。メスは地面に産卵し張るには幼虫が玉ネギを食べます。葉の付け根を食べると玉ネギは生育を停止してしまうので、虫を取り続けることになります。日中暖かくなると動き出すので見回ります。

それから、定植をしていると敷き草の下土の表面近くに両手でくみとれないくらいの虫の幼虫のかたまりが今年はたくさんあります。枯れた草を主に食べ白菜や葉物の土際を少しかじる程度ですが、玉ネギの苗もかじられるので、畑のほかの場所に移したりニワトリにあげていますが、ニワトリの鳴き声から食べたくないようです。<三井和夫>

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも(キタアカリ)、白菜、とうがん、小かぶ、ピーマン、春菊、なめこ(林さん作です)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


バリ島からおしゃれなアクセサリーを直送いたします!
http://namasaya-tomo.ocnk.net/
e0111918_1194620.gif


[PR]
by mitsui_farm | 2013-11-20 17:45 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年11月8日(金)はれ

よく雨が降るということは、あたたかいということです。
冬型の気圧配置になれば寒気が一気に入って来ますが、ここでは冬晴れになるのです。紅葉もゆっくりと進んでいます。

今収穫している葉物は乾燥状態が長く続きなかなか種まきができず遅れたのですが、雨と暖かさで今も元気です。そして少しづつ成長しています。

秋が深まって来るにつれて、夏の間のあわただしさが静けさに変わり今まで見ていた範囲が狭く思え、今は少しまわりが見渡せるようになってきました。

政府の減反政策が終わろうとしています。
農業のことは農業者がまずは考え実行していくなかで、自立して考え実行できる農業者が育っていきます。毎年のように政策は変わり、補助金も無理やりおしつけ自立を妨げ続けた農政で無駄な仕事をしている役所仕事です。なんにでも口を出して政治の限界を知らない行為です。

農政に限らず、競争に勝つことを優先していたら失うものの大きさはそれに比例します。いのちに競争はなく全て用意されているのに、競争のゲームのなかで失っていきます。地球の成長のいあわせた生き方に人類の成長もあります。人のできる事に限りがあることが持続可能な生活にもつながり、限りない生き方になっていくのではと考えています。<三井和夫>

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【野菜】
米みそ(こうじ、米、大豆、天塩)、小かぶ、大根、ひのなかぶ、ピーマン、キャベツ、カボチャ、チンゲンサイ、まびき水な、ルッコラ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by mitsui_farm | 2013-11-20 16:11 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年11月5日(火)晴れ

曇りがちな天候から、一変して日ざしがまぶしい暖かい太陽が木々に映えています。
紅葉の時期となり木々が色とりどりに輝き、すばらしい世界の中にいます。
車は山桜の落葉におおわれています。木々は葉を地面に落とし、地面をおおい冬の準備です。

世の中は連休でしたから人があちこち動きまわっていました。我が家にも学生時代の山仲間が訪れてくれました。

先輩で金沢市内のお寺の住職をしている人がいます。
寺内の墓地には野鳥が運んできた種などから木々が育ち大きくなった木は、御自分で枝打ちしたり登って切ったりされていて、以前は落ち葉たきのやきいもは近所の子供達も集まってきて格別においしいものだったのに、最近は焚き火を始めると洗濯物を取り込んだり窓を閉めたりと、やきいもが楽しめないのが残念といっていました。

木の葉の焼けるにおいは僕も好きな香りです。
どのくらいの人が焚き火をできるのか、方法を知らない人もたくさんいるでしょうし、オール電化ともなれば火を見ない人もいるのでしょう。

この地域でも、ゴミは燃やさないようにというのが共通意識になりつつありますが、草木はその中にはいっていません。
僕は無駄な火はもやさない方がよいと考え、田、畑、たき火もやめました。風呂やかまど、ストーブで火をつかっていますが、火は大切です。

もえるゴミとして様々なものを出していますが、精神をマヒしてしまうようなことだといつも思っています。<三井和夫>

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
米みそ(米こうじ、大豆、天塩)、さつまいも、ターツァイ、水な、ひらたけ、(近所の林さん作です)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

稲刈りあとの稲架(はざ)かけをした写真です。
e0111918_19404863.jpg
バリ島からおしゃれなアクセサリーを直送いたします!
http://namasaya-tomo.ocnk.net/
e0111918_1194620.gif

[PR]
by mitsui_farm | 2013-11-02 19:43 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配