<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年7月19日(晴れ)

真夏の青空の下、2日続きで夜の間雨が降り、草々はぐんと成長しています。1日で水田の緑もグンと増えました。

昨日は朝畑に行き、7:30に帰宅してから夜8:00すぎまで、参議院選挙期日前投票の立会人として、投票箱の前に座っていました。

選挙をする機会が長ければいく人も増えるのでしょうが、1日約180人の人が投票をしました。

様々な人をいやが応もなく見るのも苦痛です。役所の人たちの仕事振りもじっと見ることになります。1度くらいはいいかとも思いますが、何回もやりたくないことです。

そして私がいない田畑は、予想以上に成長していました。毎日草刈りが主になっていますが、インゲンとキューリの種まきもできました。第1回目のインゲンはつるはのびているものの花がなく、なかなか元気にならずほんの少ししか収穫できません。それで2回目の種まき(これで今年は終わり)がようやくできたのです。キューリは地這いと支柱をたてての2種類です。

動物に食べられている桃は、周りを囲ったので、スズメ蜂、カナブン、クワガタ、大ムラサキなどが食べているだけになったので収穫できました。
<三井和夫>

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも、キューリ、ピーマン、ニラ、、ニンニク、桃



本日クール佐川便で届いた野菜たちです。桃がおいしそう(笑)、、、ありがとうございます!
e0111918_2381429.jpg


バリ島からおしゃれなアクセサリーを直送いたします!
http://namasaya-tomo.ocnk.net/
e0111918_1194620.gif
[PR]
by mitsui_farm | 2013-07-20 23:11 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年7月16(くもり)

今年は春先まで雨が多目でしたが、4月末から少雨となり、梅雨の時期も全般に少な目、梅雨明けしてからもやはり少ない傾向です。

インゲン(つるあり)は、つるがのびていても、花が少なくなかなか実につながりません、キューリもあまりのびず、ヒゲのつるもネットにまきつくのをいやがっているようです。

中央道の横にある畑では、小麦とライ麦があって乾燥が続いていたので、穂はよく乾いて収穫適期を逃していますが、穂を収穫しました。雨の多い年には麦類の収穫が1日しかない時期もありました。今年はいつでもできるほどです。久々にライ麦をたくさん穫りました。

少しの夕方の雨で草々は元気になります。毎日草刈り敷きをしていますが、種まきも始まりました。人参を少しづつまいています。毎日水やりをしています。発芽まで続きます。

トマトの一部に雨よけのビニールをつけました。おもに大玉トマトです。約20cmおきに茎を柱にヒモでしばります。じっくりトマトの手入れをするのも久しぶりです。

田植えが終わり、畑の野菜の手入れは、とても新鮮です。桃やリンゴを袋かけしてあるので動物が食べに来ます。きのうは、網で囲いました。今朝は来ていません。
<三井和夫>

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも、キューリ、ピーマンかズッキーニ、かぶ、ニラ、桃
[PR]
by mitsui_farm | 2013-07-20 22:47 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2013年7月14日(晴れ)

ごぶさたしています。余裕のない日々を過ごしてもう7月も半ばになりました。

冬の間、水田の横の栗や欅の木の片付けや、くぬぎやならの木を伐り、まきづくりなどしていました。松枯れも激しく、懸案のを残したまま春になりました。

そのつけが、農繁期に重なりました。家の近くの松は、電線にもたれかかり、東電に連絡して伐ってもらったものの、中央自動車道横の山林の松が枯れ「伐らないと大変なことになりますよ。」と、中日本高速から文書が届き見てびっくり。60年生の松が枯れしかも中央道に張り出しているのです。

幸い信頼のおける、きこりの人に依頼し重機を使って3方向からワイヤーで引っ張りながら無事倒すことができました。僕も覚悟を決めて松に登り、ワイヤーを固定する作業をしました。下に車が走っているのも気にならない程集中していました。

様々な幸運に恵まれて、4人の作業も密度の濃いもので、感謝の気持ちがあふれてきました。150cm程のフェンス1つ隔てて、中央道が走っています。農作業も騒々しくて近寄りたくないのですが、また利用もさせてもらっています。

道を拓く事は様々な影響を与えます。トータルで見て考えられる政治家はなかなかいません。北杜市長、山梨県知事などの話では防災面で必要などと、とんちんかんな事をおっしゃっています。

いづれこわれるもの、しっかり堅めれば堅めるほど将来に費やされるエネルギーは負の遺産として大きくなります。

田植えの時期、様々なことが起こります。その時に最優先することを1つ1つ解決し、ようやく7月9日田植えが終わりました。畑は5月から6月の乾期の影響が大きいままですが水田は幸い水が豊富で植え終えた稲も日々成長しています。

もう、夏まきの人参の種まき始めています。桃の収穫も始まりました。もうすでに野生動物が食べています。手入れの滞っていた畑の草を刈り敷き、野菜を救出します。
<三井和夫>
[PR]
by mitsui_farm | 2013-07-20 22:23 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配