八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年月7月8日 くもり

ようやく田植えも先が見えてきて、明日でほぼ終了しそうになりました。

昨日は研修生のOBの大麦の脱穀でした。午前中かかってようやく終わりました。ガソリンエンジンで平ベルトで脱穀機に動力を送り、穂を摘み取ってある大麦を回転ドラムの中に入れ風力で大麦を選別します。研修生だけで60-70kg収穫できました。さっそくかまどに火をたいて大麦を炒り麦茶を作ってみました。火力が強すぎて大麦はほとんど真っ黒になってしまったけれど味はまろやかで、苦味はなくおいしくいただきました。

日中は暑すぎて熱中症寸前でした。脱穀作業は大麦の実から約3,4cmほどのびているノギがやっかいなもので、チクチクと皮ふにささり汗まみれのところにチクチクと痛いノギ。時折逆風が吹いて全身これをかぶってしまうのは耐えられない。昨年は雨の中ブルーシートを張ってやったらしく(私はわすれていた)それも大変です。

水田の恵みの大麦をいただきそれ以外は田植えを終えた水田に戻します。大麦は皮をとって食べられる上体になります。この作業は近くの精米所に頼みます。<三井和夫>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも、寄居かぶ、キューリ、水な、バジル、桃
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
by mitsui_farm | 2016-07-15 18:40 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより 20... 八ヶ岳のふもとの畑だより 2... >>