八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年6月10日はれ

昨日夕方、雨らしい雨が約1時間降りました。乾ききった田畑には恵みの雨です。薄暗くなりかけたなかで、エンドウを収穫していた時だったので、しばらく共に濡れていました。今朝は朝日が澄み切った空気をすぐに暑くしてしまいました。

地表の敷き草をかきわけて地面の下をみると、乾いているので通り雨だったのがわかります。
大麦の収穫が始まり、手で摘んでいます。水田では大麦の収穫と畦塗り が終わればお米の田植えが始まります。今年はその時に猪が襲来してきたので竹で策を作る作業が増えました。

昨日は自然農の研修日で参加した人たちと各自の作業は横目で見るくらいにして、竹の伐り出し、杭作り、杭打ち、長い竹を縄やなまし番線でくくりつけて、猪が入れないようにという作業をしました。予定している場所に杭を打ち終え2段目までは完了し、5段目くらいの所もありますが、最低4段つけ終えるのにはまだ懸かりそうです。

この時期手がつけられなくなる竹ヤビは若竹を倒したり竹の伐り出しをしているので、だいぶ風通しもよくなり、竹林の中に陽差しも入って見通せるようになって来ました。ふんだんに生えている竹を使っての柵づくり、大変な作業ですが気持ちよくやっております。

6月1日に寒い日でしたが、霜がおりたところもあって、ナス、ピーマン、カボチャ、スイカなど枯れたところもあり追いまきしたりしています。6月に霜は今までなかったことですが定植苗が弱かったこともあります。トマトは皆無事でした。<三井和夫>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
トマトピューレ、大ざやえんどう、小かぶ、スナックえんどう、ラディッシュ、レタス、みこまね、葉ねぎ<計:2500円>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
by mitsui_farm | 2016-07-14 22:03 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより 2... 八ヶ岳のふもとの畑だより 20... >>