八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年2月23日 くもり

畑に生えている、ハクサイ、蕪、葉物類、抽苔を始めて蕾ができています。
いつもは冬越ししない蕪類が防寒ネットの下とはいえ、植えかえずそのまま蕾までできる事はなかったので、これまでのところ水気と暖かさが幸いしているようです。

でも、大根葉12月の寒い日で凍ってから、温かくなっても回復しませんでした。埋めて貯蔵しておいた大根がだいぶ傷んでいて、上から包丁で切り落として短くなってしまいました。

田畑とも次第に葉の先端が寒さで変色して黄色がかってきています。暖かくても時折凍るほどの寒さがあるとそれにあわせてしまいます。

貯蔵している野菜もだいぶ減ってきて、空になったコンテナには、ビニールハウス内に今から踏み込み温床の材料の落ち葉を積んでいます。植木の剪定した枝もシュレッダーにかけて ナス、ピーマンなどの苗床の下に積んで発酵熱で夜間も暖かくして苗を育てます。田の土手にフキノトウを捜して見ましたが、まだでした。

東日本大震災から5年が経とうとしています。
自然に沿った生き方を進めていくよい機会になればと願っていたのに、ま逆の方向に突き進んでいるように見えます。惑うことなくいのちに沿った途を歩いていきたいと改めて思っています。

今回で今期最終になります。春は5月下旬から6月上旬に再開予定です。
元気でお過ごしください。<三井和夫>

昨日届いた野菜たちです↓キウイが甘くておいしかった!
e0111918_1223770.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
じゃがいも、カボチャ、長いも、白菜、人参・金時人参、大根、ホーレンソー、たくわん、キウイ

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2016年度の野菜購入申し込み開始!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始いたします。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
by mitsui_farm | 2016-04-16 10:20 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより 20... 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... >>