八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年8月7日 はれ

暑いけれど、時に雷雨もあり、草々や野菜など元気に育っています。

水田では稲穂が出始めてきました。植え付けが7月になった遅く植えたものは、分けつ(茎の本数が増える)を止め穂を作る準備が早かったのでもう出てしまっています。これから余力があれば、分けつし、穂を形成するのでしょう。早く植えた穂は、まだまだ分けつしていて1株10数本にまでなっています。穂が出ているのは、3~5本どまりなのです。この品種は早生なので特にわかりやすくなっています。

水田に入って草々を刈り敷くのは大変な作業です。葉がすーっとのびているので、以前は金アミのお面をかぶっていましたが、今は透明のゴーグルをかけ、現代の若者ができにくくなっているという膝を曲げ尻をつきそうになる態勢で鋸鎌で刈り敷いています。

夕方はブヨや蚊も出てくるので、麦わら帽子ごとスッポリアミをかぶって作業している人が増えていますが、私は網がわずらわしく、ふり払っています。

全国で商品券を税金を使って売っているようです。借金もたくさんあるのに、こんなお金の使い方を認めている世間なのでしょうか?金の価値にマヒしている人を増やすばかり、まさに政権の思うつぼなのでしょう。

自立したところに立って生きていきたい。我が家にお金がたくさんあるわけではないけれど、例えば、自動車産業がエコ減税で勢いをつけたけれど、補助金に依存し続け自立の道を歩めなくなっています。公共交通システムを見直さないといけない時だと思うのです。<三井和夫>


きのう三井さんから、クール佐川便で届いた野菜たちです↓
e0111918_1161965.jpg


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
キューリ、いんげん、ズッキーニ、ピーマン、桃、なす、トマト、じゃがいも、青じそ、バジル

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2015年度の野菜購入者随時募集中!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2015年6月中旬より配送開始しています。
隔週または週一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://homepage3.nifty.com/mitsui-farm/
[PR]
by mitsui_farm | 2015-08-09 11:11 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... >>