八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年6月26日 くもり

梅雨時は、空模様を見ながらの農作業です。昨日は、早生小麦の収穫日和でした。一昨日は大雨のあと晴れたのに、小麦は雨水を吸って柔らかく収穫できずでした。

よく晴れた昨日は朝霧がなくなるまでナスの手入れと支柱立てを少し行い、さあ小麦収かくと取りかかりました。約2a(アール)昨秋草刈り敷いたあと、草を切り分け、平鍬で表面を削り三角鍬でまき溝をつくり、手で種まきしたあと、手で土かけして草を敷き冬を越えました。春になって雨が幸いして葉だにに吸い尽くされず、途中から葉だには姿を消して、他の草々の成長を小麦はおさえ、草刈りも、ほんの少ししかせずに元気に育ちました。

6月中に小麦の収穫はめったにできないのですが、今年は早いと思います。2年前作付けした時は、ダニで種どりしかできないほどだったので、うれしいこと。

大麦は皮がしっかりして、水分を吸いにくいけれど、小麦は成熟したあと、雨にあたるとカビが出る事があり、乾燥機を使わない自然乾燥に依っているので、本当に絶妙のタイミングでした。

今日はくもりから雨が降り始め田植え日和となりました。露がある日本の小麦収穫は難しいものです。

食糧自給をすることは他の国や地域にとっても安心の源です。その地で収穫できることを持続していくことが豊なのだとあらためて、この収奪する時代に実感します。武力ではなく災害救助に自衛隊は力を発揮していく方向に希望が持てます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
桃ジャム、まびき大根、ズッキーニ、きぬさや、いんげん、重宝な、雪白体菜、ルッコラ、リーフレタス、かきしちゃ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2015年度の野菜購入者随時募集中!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2015年6月中旬より配送開始しています。
隔週または週一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://homepage3.nifty.com/mitsui-farm/
[PR]
by mitsui_farm | 2015-07-23 15:48 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... >>