八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年6月16日 くもり

朝、玄関の戸を開けると、ウグイスが声をかけてきます。戸を開ける音に反応するようです。うれしい時はこちらも口笛を吹いたりして応えます。

最近、蛾眉鳥のうるさい声がしなくなって、この土地に適した音量になったり、咡りになったような気がします。

晴れの日が続いて、大麦は収穫適期、小麦もだいぶ実った濃い赤茶色になってきました。1枚の水田の畦塗りが終わり、先日の日曜日の定例の学びの会で少し田植えができました。クサヨシという根を張りめぐらして拡がって成長する草の根を取り除いたところに1本づつ、40cmX30cmに定植します。早く本格的に植えたいところですが、まだ畑が主体で、畦塗りはあと2枚の水田があります。大麦の収穫も半ばです。

先日友人が、夕食にグリンピースの豆ごはんを電気釜ごともって、家までの坂道を登ってきてくれました。「嫌いな人もいるけれど、他人の分まで食べるほど好き」だといいながら、僕等もつられて思い切り食べました。栽培しているものをすぐに食べられるようになり、うれしいことです。

山野草に依った食生活から里での生活に切り換わります。田畑では草が海のようになっているところもでてきました。豊です。世間智では草に栄養をとられる、ということでしょうが、他に依存を強いるおせっかいな世間から宇宙の運行に身を委ね自立していないと人類は滅びへの道に進んでいくのでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
丸麦、大ざやか、きぬさやえんどう、大根葉、こまつな、レタスリーフ、サラダ菜など、グリンピース

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2015年度の野菜購入者随時募集中!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2015年6月中旬より配送開始しています。
隔週または週一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://homepage3.nifty.com/mitsui-farm/
[PR]
by mitsui_farm | 2015-07-22 22:42 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... >>