八ヶ岳のふもとの畑だより/2014年7月22日 晴れ

どうやら梅雨明けのようです。暑くなって急に空気が乾いてきました。
梅雨のうちに人参の種まきにとりかかりたかったけれど、今は、いろんな場所の草取刈りをしています。

大豆は小さいうちに草を刈り敷いておくと下草に負けることはあまりありません。所により腰近くのびている草になり条間は大鎌では困難になり、刈払機にたよる事になります。なんとか救出できましたが、その時その場で最良の方法を考え実践することになります。でも、いのちの世界は一様ではありません。

少しの手入れでも、大豆のいのちが甦る事があります。耕しているとびっしりの草になりますが、大豆の種をまいた10-20cmの円には草々が少ないので一見草ばかりなのに大豆が元気に育っていることになります。

春にはあぶら虫やモンシロチョウが少なかったけれど、今はカメムシがトマト、インゲンなどにたくさん見れます。朝の収穫時は草刈りしたり虫を取ったりしながらしています。

梅雨明けでジャガイモのところにたくさんいるテントウムシダマシ(二重ヤホシテントウ)が、トマト、ナス、ピーマン、インゲンなどに移動しています。広口ビンに水を入れて落としています。
<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
キューリ、なす、人参、ズッキーニ、インゲン、モロッコインゲン、ピーマン、トマト
=やっと夏野菜が出来始めました、たべてください=

佐川クール便で届いたダンボール↓
e0111918_16422334.jpg


中には、大事に新聞に包まれて、、、↓
e0111918_16435615.jpg


桃と夏の野菜たちが、、、↓
e0111918_16444076.jpg


”動物と競争でやっと収穫した桃”がはいっていました(笑)。
さっそく食べたら、甘かったーーーー! ありがとうございました。



【2014年度の野菜購入者随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2014年6月上旬より配送開始。
隔週または週一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://homepage3.nifty.com/mitsui-farm/
[PR]
by mitsui_farm | 2014-07-23 16:50 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配


<< 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... 八ヶ岳のふもとの畑だより/20... >>