八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年11月17日(金)はれ

寒い日ですが、風がなく落ち葉が地面に敷きつめられてきましたので、日ざしも増え家のまわりはだいぶ明るくなりました。新しくセットしたまきストーブは家全体が暖かくなり底冷えはしなくなりました。室温15℃くらいです。まだ冬囲いが整っていないので暖かい空気は外に逃げているようです。外の農作業は冬に向けての準備が急がれています。

稲は、はざかけしてあるものは、過乾燥になってきました。ようやくこの地域に本来の初冬になりほっとしているところです。稲の脱こくが当面の仕事です。大豆は発芽したばかりのところを鹿に食べられてしまい、場所を変えて面積も少なくなりました。

種まきも遅れに遅れたのですが、なんとか充実した実になっています。畑はこれ以上おいておくと、はぜて実が地面に落ちてしまうので刈り取り時期です。

猪が竹を縛っている縄が腐ってきて、もち上げて入ってしまうようになりました。田畑の水気が多いところは大喜びで暴れたようです。幸い収穫栽培したものは食べられていません。

夜が長くなり干し柿づくりやインゲン豆の選別をしています。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
カボチャ、大根、白さい、人参、ニンニク
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
# by mitsui_farm | 2017-11-23 19:39 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年10月24日(火)くもり

台風の雨と風、日本各地で大変な災害をもたらしていきました。

競争と、敵・味方など国内外に対立していく方向に向かって加速しているようです。
足元に目をすることなく、今を見失って将来の不安をかきたてているようです。豊かな所にすんでいながら、なんとたくさんの人が貧しく暮らしているのかと思います。

田畑の横を流れている川は長い雨で増水し、台風の深夜の激しい雨であふれて、大豆、里芋などを植えているところを流れたようです。稲のところは難をまぬかれました。適期の稲刈りは長雨で遅れています。

幸いなことに猪よけの竹柵が功を奏して水だけが入りゴミは止められました。水の流れも土砂が流され川巾も広くなったようです。
これからも増水は何度もあるでしょうが人の力で川の流れは変えられます。大規模な土木工事はその時は良いでしょうが長井間には異物となり却って災いをもたらすものになります。

日本には記録に残すことの大切さがまだわかっていないのでしょうか。人の住む所、第二次世界大戦、敗戦直後の記録の処分など、しっかり記録することの大切さを知らない人が「歴史家に判断してもらう」というのですから、根拠があいまいで判断できないでうやむやになってしまいます。これでは人類の知恵が蓄積されません。<三井和夫>
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
里いも、白菜、かぶ、ピーマン、水な、伏見甘長唐辛子、長ねぎ(林さん作有機栽培です)
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
# by mitsui_farm | 2017-11-23 19:32 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2017年10月13日(金)雨

今日から雨がしばらく続くようです。昨日まであたたかい日で農作業は充分できました。休憩中に蚊が近寄ってくるくらいの天候でした。小雨の中朝の収穫を終え、発送準備中は冷たい雨が降り続いています。

稲刈りはもう少し先になります。早生の稲刈りにもまだ熟し方がもう少しというところです。稲の条の間に大麦は種まきし始めました。草の生えている状態のところに上から播き、草を土に接するところで刈り敷き、大麦の種が地表に着地し飢えに草が敷けている状態にしておけば発芽し育ちます。水田に水はもう入れていないので、麦の発芽にはちょうどよいのです。

衆院議員選挙があります。その場を取りつくろって謝金は増える一方、原発事故で失われたものの大きさをかくすようなオリンピック。人は益々、金でがんじがらめになって人としての行き方をまひさせてしまっているようです。人として人生を全うするに、自立は大切です。自立して他の人も自立できるように思います。

生き物としての人は全て他に依存しています。都市と地方も依存しあっていますが、バランスが崩れています。地方の豊かさを失った都市というのもないでしょう。植林はイベントではなく山々の手入れをし、大切にして、豊かさを実感し暮らしに直結した自然の中で、生きていく人が増えて欲しい。
<三井和夫>

[PR]
# by mitsui_farm | 2017-11-20 20:58 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2017年9月26日 はれ

澄んだ空気の中に金木犀の花の香りが漂ってきます。いつもより乾いたこげたにおいに感じ、郁子に話すと「同じ」というので、私の嗅覚が少し変わっているのかと思いました。土手の草刈りが遅れているので、秋の草花がたくさん咲いているのですが、つりがね人参がたくさん咲いています。

今野菜が高いらしく、水耕栽培とか冷凍野菜が安くて重宝すると言うのですが、多くの電力と施設を使っているのに、安くなるというのは、どう考えてもおかしいです。片付けることも考えれば、コストは高すぎるくらいになるのです。補助金とかも相当あるのでしょう。

私は閉ざされた空間(外から全て依存している)で食べ物を栽培したくない。外の空気・光・におい・音など触れて感じながら、地上に宇宙に生きていたい。そういうところで栽培を続けていくことで、いのちのが全うできると思っています。

北朝鮮がミサイル実験をしたと非難している大国はすでに何十年も前からどのくらいやってきたのか、そして海に陸に打ち込んできたのか。人間の作った法の前に、自然の法がある。そろそろ奪うことをやめないと。<三井和夫>
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも(グランドペチカ)、キューリ、トマト、トマトサンマルツアーノ(加工用)、ニガウリ、まびき人参、ピーマン、チンゲンサイ、いんげん、ズッキーニ
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



[PR]
# by mitsui_farm | 2017-11-20 20:49 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2017年8月18日 雨

雨がよく降ります。空梅雨明けから、台風が動きようやく梅雨になったようです。毎日何らかのかたちで雨に恵まれているので動物、植物ともに、のどのかわきに飢えることなく田・畑でくらしているので静かです。

日照不足が影響しているのかヒョロヒョロと元気不足気味になってきました。田の上を今の時期この辺では”盆さんとんぼ”と呼ばれるとんぼが乱舞するのですが、やはり晴れていないと飛び交うことはないです。

お盆には八ヶ岳の権現岳にむすこと三人で行ってきました。朝まで小雨が降っていたのですが、山は見えず霧がたちこめたり少し明るくなったり静かな登山道でした。昨晩(前の晩)の雨は大量だったようで登り道は川となって浮石だらけ、時折ぬかるみに小川が流れている状態でしたが登頂に近づくにつれ八ヶ岳の連山が霧の中から、さーと見えることもあり、太陽の熱であたたかくなった石にトンボが羽を休め、人が動くと乱舞しました。草花も楽しみましたが帰った後疲れはなかなか抜けません。田、畑の仕事と違い自分の身を運ぶだけでも大変ですね。

そろそろ大根をはじめ、秋に向けての種降ろしが始まり、キャベツ、白菜などの定植も始まります。雨の合間に花を咲かせ始めました。白い花が風に揺れています。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
キューリ、トマト、バジル、ピーマン、大葉
e0111918_16312846.jpg


【2017年度の野菜購入申し込み随時!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/


【八ヶ岳自然農の会】
http://www.geocities.jp/yatsu_na/
1997年、地元農家三井和夫、「野風草」を主催する舘野昌也、「わくわく田んぼ」を営むおおえわかこを中心に、『長坂自然農の会』として発足。当初よ り、川口由一さんをお迎えして、 「自然農塾」を毎年4 回、7年続けて開きました。会のメンバーも徐々に増え、それぞれの自然農を実践するとともに、自然農の学びの場も提供してきました。
2010年、各学びの場を中心に、自然農を通して、また自然農を超えたところでの交流できるようなつながりのあるネットワークを目指し、名称を『八ヶ岳自 然農の会』と改めました。
八ヶ岳自然農の会は、代表や世話人は置かず、自然農の実践者だけでなく、自然農を学びたい方ならば地域を問わず、誰でも参加できます。

日時 2017年は、2月 ~5月は第2日曜日、6月~12月は第1日曜日となります。
      2017年学びの会スケジュール
      AM 9:00~12:00   終了後、昼食(各自持ち寄り)、交流、質疑 応答他
 
 場所  JR日野春または長坂 駅から約3km(徒歩40分ぐらい)
     長坂IC(高速「長坂高根」バス停)から約2km
       → 案内図  (詳細は三井までお問い合わせください)

  ・ 参加費は一人100円です。
  ・ 田畑で過ごせる 服装でお越しください。
  ・ 車は三井宅前の駐車場に停めてく ださい(よその土地に停めないように)。
    実習地まで徒歩5~10分で す。
  ・ 初めて参加する方は、なるべく下記まで連絡して ください。

 連絡先 三井 和夫 〒408-0022 北杜市長坂町塚川611
      TEL/FAX : 0551-32-4705


[PR]
# by mitsui_farm | 2017-08-19 16:36 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2017年7月14日 くもり

雨の恵み少ない今季の梅雨です。
かすかに雨が降ると、草々は元気にみるみる育つのはすごいことと感心します。

乾燥しているので、いつもできない夏の白菜が結球しないまでも病気にならずに育っています。水分が少ない白菜はすじがしっかりしていて、なかなか噛み切れないのです。

葉物は終わりになります。夏のトマト、ナス、ピーマンなどは遅れていますが、ボチボチ食べれるようになりました。

7月12日に稲の田植えが終わりました。昨年と々日でした。オケラに苗の根を切られたり、モグラに常習的に入られたりしたのに、天候に恵まれ、苗は余るほど、1本の苗も5-7本に分けつしているのもできていました。体力、気力とも試されているような田植えでしたが、充実感に満たされています。暑い日が続いての田植えでしたが、溝に水があるため比較的過ごしやすかったのです。友人が通って田植えを手伝ってくれたことも大きいことでした。

待たせた田、畑は、竹を主に使って柵をつくり終えました。
桃は野生動物が食べはじめていたので早めに収穫しました。その近くに、長芋が猪に掘られ始めていたので急遽やり残していたところを囲ったのです。これでしばらく入れないでしょう。大麦も鹿にだいぶ食べられていたので安堵しました。<三井和夫>

e0111918_22035817.jpg

[PR]
# by mitsui_farm | 2017-07-15 22:04 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

2017年度の野菜購入申し込み募集開始!

【2017年度の野菜購入申し込み募集開始!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2017年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/


【八ヶ岳自然農の会】
http://www.geocities.jp/yatsu_na/
1997年、地元農家三井和夫、「野風草」を主催する舘野昌也、「わくわく田んぼ」を営むおおえわかこを中心に、『長坂自然農の会』として発足。当初よ り、川口由一さんをお迎えして、 「自然農塾」を毎年4 回、7年続けて開きました。会のメンバーも徐々に増え、それぞれの自然農を実践するとともに、自然農の学びの場も提供してきました。
2010年、各学びの場を中心に、自然農を通して、また自然農を超えたところでの交流できるようなつながりのあるネットワークを目指し、名称を『八ヶ岳自 然農の会』と改めました。
八ヶ岳自然農の会は、代表や世話人は置かず、自然農の実践者だけでなく、自然農を学びたい方ならば地域を問わず、誰でも参加できます。

日時 2017年は、2月 ~5月は第2日曜日、6月~12月は第1日曜日となります。
      2017年学びの会スケジュール
      AM 9:00~12:00   終了後、昼食(各自持ち寄り)、交流、質疑 応答他
 
 場所  JR日野春または長坂 駅から約3km(徒歩40分ぐらい)
     長坂IC(高速「長坂高根」バス停)から約2km
       → 案内図  (詳細は三井までお問い合わせください)

  ・ 参加費は一人100円です。
  ・ 田畑で過ごせる 服装でお越しください。
  ・ 車は三井宅前の駐車場に停めてく ださい(よその土地に停めないように)。
    実習地まで徒歩5~10分で す。
  ・ 初めて参加する方は、なるべく下記まで連絡して ください。

 連絡先 三井 和夫 〒408-0022 北杜市長坂町塚川611
      TEL/FAX : 0551-32-4705

[PR]
# by mitsui_farm | 2017-05-01 20:38 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年12月20日 はれ

12月に入って、いつもより仕事がスムーズに運んでいると思っていたのに、太陽の出ている時間が短くなるのに呼応して、1日で出来る仕事が少なくなって、結局あわただしく過ごす日々になっています。睡眠時間は長くなり、またよくねむれますが疲れがたまってなかなかとれなくなっています。

昨日(19日)は、6月に伐採してもらったたくさんのクヌギが中央自動車沿いに倒れています。ようやくチェーソーを整備してまきにするために玉切りしました。中央自動車道に倒れないように、枝がすべて道の方に向かっているので、かきわけながら入って、40cmの長さに切って一輪車にのせるのに、ラグビーボールのように投げて運びました。軽トラックに軽く一台分でした。体は熱くなり気持ちい汗が出てきました。軽トラ一台分はどこも変化ないように見えます。これからどんどん運び出すつもりです。

今後の予定。
隔週の方は、1/10発、1/11着となります。
毎週の方は、28日着便と1月11日着便となります。1月以降は隔週配送とさせてください。

お付き合いいただきありがとうございました。来年も野菜がある間は届けさせてもらいますのでよろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
もち、カボチャ、大根、えびいも、人参、こまつな、ホーレンソー

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-12-20 16:00 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年12月13日 はれ

e0111918_16055836.jpg

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-12-13 16:05 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年12月6日 はれ

e0111918_16104491.jpg

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-12-06 16:11

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年11月29日 晴れ

e0111918_16130458.jpg

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-11-29 16:13 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年11月25日 はれ

e0111918_16151755.jpg

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-11-25 16:14 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年11月18日 晴れ、氷張る

e0111918_16191179.jpg

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-11-18 16:16 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年11月11日 くもり

きのう、三井農園から朝一番で野菜が届いた。
さっそく、カボチャを煮て近所のみんなで食べた。
カボチャ、おいしかった~~~!

その時の写真です↓
e0111918_16563786.jpg
e0111918_16572498.jpg


e0111918_18424713.gif

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-11-13 18:42 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年11月8日 はれ


e0111918_16403500.gif

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-11-08 16:40 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年11月1日 雨のち曇

e0111918_16332808.gif

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-11-01 16:28 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年10月28日 くもり

e0111918_16205802.gif



[PR]
# by mitsui_farm | 2016-10-28 16:17 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年10月18日 はれ

e0111918_16074890.gif

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-10-18 16:07 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年10月4日 

e0111918_15523873.gif

[PR]
# by mitsui_farm | 2016-10-04 15:55 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年9月下旬番外編(畑の様子)

秋ですね~!

photo:Hiromi/Ban-Ban
e0111918_11201066.jpg


e0111918_11192552.jpg
「プロフィールを見る」を更新しました。

【八ヶ岳自然農の会】
http://www.geocities.jp/yatsu_na/
1997年、地元農家三井和夫、「野風草」を主催する舘野昌也、「わくわく田んぼ」を営むおおえわかこを中心に、『長坂自然農の会』として発足。当初よ り、川口由一さんをお迎えして、 「自然農塾」を毎年4 回、7年続けて開きました。会のメンバーも徐々に増え、それぞれの自然農を実践するとともに、自然農の学びの場も提供してきました。
2010年、各学びの場を中心に、自然農を通して、また自然農を超えたところでの交流できるようなつながりのあるネットワークを目指し、名称を『八ヶ岳自 然農の会』と改めました。
八ヶ岳自然農の会は、代表や世話人は置かず、自然農の実践者だけでなく、自然農を学びたい方ならば地域を問わず、誰でも参加できます。

◆八ヶ岳自然農の会「学 びの会」◆ LINKS
八ヶ岳南麓650~700mの地で、四季を巡る 田畑の実践の様子を通して、それぞれの地での自然農の実践がより深くなるように、また学び合いの場として交流できるようにと願って行っていきます。自然農 を実践したい方、されている方、関心のある方ならどなたでも参加できます。

 日時 2016年は、2月 ~7月は第2日曜日、8月~12月は第1日曜日となります。
      2016年学びの会スケジュール
      AM 9:00~12:00   終了後、昼食(各自持ち寄り)、交流、質疑 応答他
 
 場所  JR日野春または長坂 駅から約3km(徒歩40分ぐらい)
     長坂IC(高速「長坂高根」バス停)から約2km
       → 案内図  (詳細は三井までお問い合わせください)

  ・ 田畑で過ごせる 服装で。
  ・ 車は三井宅前の駐車場に停めてく ださい(よその土地に停めないように)。
    実習地まで徒歩5~10分で す。
  ・ 初めて参加する方は、なるべく下記まで連絡して ください。

 連絡先 三井 和夫 〒408-0022 北杜市長坂町塚川611
      TEL/FAX : 0551-32-4705


[PR]
# by mitsui_farm | 2016-09-30 19:22 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年9月2日 はれ

e0111918_15052669.gif



[PR]
# by mitsui_farm | 2016-09-02 15:08 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年8月16日 はれ

台風の影響か昨日久しぶりに雨が来ました。約2時間でしたが湿気をたっぷり含んだ空気に変わりました。

8月始めに種まきした人参には毎日の水やりが欠かせませんでした。水路からバケツとジョロを使っての水やりは夕暮れ時の日課でした。これで一休みできます。

水田の水路の途半ば、石垣を積んであるところがありまして、猪に壊され、水路を塞いでいた石を取り除こうとしたところその石垣の中にスズメバチが巣を作っていて、石を取り出せず流れてきた草もつかえて、どうしたものかと思案していましたが、「これは名人にお願いするしかない」と、桃畑の隣の畑の方に相談したところ、忙しい中、早朝に下見をし草(つかえた)を取り除いてくれたのです。

巣の入り口がわからず「しばらく観察をして対策を考える。」「粉の殺虫剤か火で焼くか、方法を考える。」との事でした。

翌日、私がまだ寝ている間(ラジオでオリンピック中継を聞いていた)に家に来たようですが、昼、電話があり殺虫剤を散布したということでした。蜂が薬を足につけて内に入り次々に死んでしまうのです。巣をきれいに保つためにする習性を利用して死んでしまうのです。

巣の中の幼虫は生まれて飛んでもささないということです。蜂のいのちをいただいて水の恵みです。水が多くなり水を止める枝をせまくしようとためますのところで作業中、蜂がブンブン警戒して飛び交い始めました。コンクリートの壁に巣を作っている小型のアシナガバチでいた。

ゆっくり下がり難無く過ごせました。これからいろんな蜂の活動が活発になります。手をつけてなかった大きく成長した草を刈る時は要注意です。<三井和夫>

e0111918_2291616.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
キューリ、穂高いんげん、トマト、モロコシ、枝豆、大葉、バジル
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-08-17 22:03 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年月7月5日 晴れ

水田では、植え終えた稲が1人立ちして、そよふく風にスックと立っています。まだ田植え真っ盛りなのです。田植えは、1本植え(40cm×30cm)。1本1本植えていくのは、一つ一つの充実感があります。どうしてゆっくりの田植えで気持ちが豊かになるのか宇宙との一体感なのかもしれません。没頭することはないのです。

昨日は激しい風が吹いてきた途端に横なぐりの雨、時に雷が鳴りました。水田の土手の緑の草が風でなびき、斜めの直線で降る雨は煙り、東海道五十三次の浮世絵を思わせます。1時間あまり風景を眺め、やがて西の空が明るくなり日差しも届きました。田植え再開です。

雨が止んだら北東方向の中央道を行きかう車の音がうるさく飛んできました。長坂インター付近から長野県の佐久方面に新しい高速道路の計画が強引に進められています。そんなに広くない八ヶ岳南麓はこの道ができたらもっと騒々しくなるのですしょう。沿線の住みよいところは不毛のところとなります。

参議院選挙です。東京では三宅洋平に当選して欲しい。若い力を育てたいなあと思っています。<三井和夫>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
玉ねぎ、(林さん作、有機栽培です)、ズッキーニ、まびき人参、小かぶ、スティックセニュール、バジル、ニラ (計:1500円)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-07-15 18:41 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年月7月8日 くもり

ようやく田植えも先が見えてきて、明日でほぼ終了しそうになりました。

昨日は研修生のOBの大麦の脱穀でした。午前中かかってようやく終わりました。ガソリンエンジンで平ベルトで脱穀機に動力を送り、穂を摘み取ってある大麦を回転ドラムの中に入れ風力で大麦を選別します。研修生だけで60-70kg収穫できました。さっそくかまどに火をたいて大麦を炒り麦茶を作ってみました。火力が強すぎて大麦はほとんど真っ黒になってしまったけれど味はまろやかで、苦味はなくおいしくいただきました。

日中は暑すぎて熱中症寸前でした。脱穀作業は大麦の実から約3,4cmほどのびているノギがやっかいなもので、チクチクと皮ふにささり汗まみれのところにチクチクと痛いノギ。時折逆風が吹いて全身これをかぶってしまうのは耐えられない。昨年は雨の中ブルーシートを張ってやったらしく(私はわすれていた)それも大変です。

水田の恵みの大麦をいただきそれ以外は田植えを終えた水田に戻します。大麦は皮をとって食べられる上体になります。この作業は近くの精米所に頼みます。<三井和夫>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
じゃがいも、寄居かぶ、キューリ、水な、バジル、桃
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-07-15 18:40 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年6月21日 小雨

昨日は脇目も降らずに、唯ひたすら畦塗りをしていました。

スコップで畦の部分約10cmのところを切って溝に落とし、水田側も10cmスコップで掘り起こし、水田のまわりと畦の間約80cmにして、水を入れて土こねを往復半クワでします。水と土の割合は大切で少なすぎると泥の状態が悪く、多すぎると泥が流れ、ねばりもなくなり(少なく)ます。こねた泥は落ち着いたら畦のところに壁を作りスコップで切った畦のうえにものせ、クワを使って壁状にならします。

クワを思い切り打ち込んで固まりを崩すのでゴーグルと下半身のカッパは欠かせません。幸い天候は適度に晴れていたので、水田での仕事は汗はかくものの、畦の仕上がりはよかったと思います。でも、不思議なことに、水もれを防ぐのに水が必要なのですね。必要なものは全て準備されていると納得します。ここはここでそういう場所だと思います。

土曜日はいろいろやりたいことはあるものの、ペシャワール会(注:参照)の中村哲さんの講演会があるので、暑い甲府まで出掛けました。数年前にスライド会があった時よりさらに水路はのび砂漠の中に緑がおおわれていました。水路沿いには柳の並木ができ蛇かごの鉄線が朽ちても根が張って岸を護る。レンガを作り石を使い、合計16500haの農地に変わりつつある。大型機械を動かすにはガソリンや電気が必要だがそれがないところで、人間の智恵を生かし人力で作られてゆく。中村哲さんはアフガンから日本を見ると異常だとおっしゃっていた。僕も常日頃そう思っている。<三井和夫>

注:http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/ ←ペシャワール会のホームページ


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
スナックえんどう、かぶ、水な、人参葉、からしな、かきちしゃ、ルッコラ、にんにく(合計:1500円)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-07-15 08:58 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年6月10日はれ

昨日夕方、雨らしい雨が約1時間降りました。乾ききった田畑には恵みの雨です。薄暗くなりかけたなかで、エンドウを収穫していた時だったので、しばらく共に濡れていました。今朝は朝日が澄み切った空気をすぐに暑くしてしまいました。

地表の敷き草をかきわけて地面の下をみると、乾いているので通り雨だったのがわかります。
大麦の収穫が始まり、手で摘んでいます。水田では大麦の収穫と畦塗り が終わればお米の田植えが始まります。今年はその時に猪が襲来してきたので竹で策を作る作業が増えました。

昨日は自然農の研修日で参加した人たちと各自の作業は横目で見るくらいにして、竹の伐り出し、杭作り、杭打ち、長い竹を縄やなまし番線でくくりつけて、猪が入れないようにという作業をしました。予定している場所に杭を打ち終え2段目までは完了し、5段目くらいの所もありますが、最低4段つけ終えるのにはまだ懸かりそうです。

この時期手がつけられなくなる竹ヤビは若竹を倒したり竹の伐り出しをしているので、だいぶ風通しもよくなり、竹林の中に陽差しも入って見通せるようになって来ました。ふんだんに生えている竹を使っての柵づくり、大変な作業ですが気持ちよくやっております。

6月1日に寒い日でしたが、霜がおりたところもあって、ナス、ピーマン、カボチャ、スイカなど枯れたところもあり追いまきしたりしています。6月に霜は今までなかったことですが定植苗が弱かったこともあります。トマトは皆無事でした。<三井和夫>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
トマトピューレ、大ざやえんどう、小かぶ、スナックえんどう、ラディッシュ、レタス、みこまね、葉ねぎ<計:2500円>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2016年度の野菜購入申し込み随時募集!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-07-14 22:03 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年5月31日くもり

暖かい冬から春になって、冬草の元気な姿は緑の海のようになっていました。冬草(越冬する草々)も今は刈られたり花が咲いて、実を結んできているので、穏やかに静かになってきています。麦の秋ともいえる季節です。

冬草が元気だったせいか春まきの野菜はなかなか育たないように感じました。
でも、もう6月になります。竹の子も例年より10日近く早くから(5月半ば)でてきたりしていたのでですが、他の野菜が大きくならず今になっています。

ナス、ピーマン、トマトなどビニールハウス内で育苗した苗もようやく定植が終わりました。5月29日~30日に雨が降って、カラカラに乾燥していた畑で、水やりに手間がかかっていましたからようやくの雨にほっと心が和らぎます。

春に猪が現れ、4,5頭のウリボウを連れて田畑に出没しています。小さなじゃがいもを掘ったり、玉ネギをかじったりあちこち掘り起こしたりし始めました。できることは囲うことかなとこれから対策が急がれます。

これから種まき、手入れ、収穫、田の畦塗り、大麦収穫、田植えと一番体力を使う時期になります。
あせらず静かな気持ちで取り組みたいと思っています。<三井和夫>

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【今日の野菜】
麦みそ(大麦、大豆、天塩、麹菌)、葉(とうだち)玉ねぎ、きぬさや、サラダ菜、たけのこ(破竹)、重宝な、パクチョイ、ルッコラ
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2016年度の野菜購入者随時募集中!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-07-14 21:55 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより 2016年2月23日 くもり

畑に生えている、ハクサイ、蕪、葉物類、抽苔を始めて蕾ができています。
いつもは冬越ししない蕪類が防寒ネットの下とはいえ、植えかえずそのまま蕾までできる事はなかったので、これまでのところ水気と暖かさが幸いしているようです。

でも、大根葉12月の寒い日で凍ってから、温かくなっても回復しませんでした。埋めて貯蔵しておいた大根がだいぶ傷んでいて、上から包丁で切り落として短くなってしまいました。

田畑とも次第に葉の先端が寒さで変色して黄色がかってきています。暖かくても時折凍るほどの寒さがあるとそれにあわせてしまいます。

貯蔵している野菜もだいぶ減ってきて、空になったコンテナには、ビニールハウス内に今から踏み込み温床の材料の落ち葉を積んでいます。植木の剪定した枝もシュレッダーにかけて ナス、ピーマンなどの苗床の下に積んで発酵熱で夜間も暖かくして苗を育てます。田の土手にフキノトウを捜して見ましたが、まだでした。

東日本大震災から5年が経とうとしています。
自然に沿った生き方を進めていくよい機会になればと願っていたのに、ま逆の方向に突き進んでいるように見えます。惑うことなくいのちに沿った途を歩いていきたいと改めて思っています。

今回で今期最終になります。春は5月下旬から6月上旬に再開予定です。
元気でお過ごしください。<三井和夫>

昨日届いた野菜たちです↓キウイが甘くておいしかった!
e0111918_1223770.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
じゃがいも、カボチャ、長いも、白菜、人参・金時人参、大根、ホーレンソー、たくわん、キウイ

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2016年度の野菜購入申し込み開始!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始いたします。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-04-16 10:20 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2016年1月8日 はれ

明けましておめでとうございます。
本年皆様にとって実り多き年となりますように願っております。

暖かい日が続き、過ごしやすい冬です。いつもの冬は土が凍り始め、白菜人参、大根など畑では凍って痛んでしまうのに、土も軟らかく畑全体を緑の草々がおおっているのです。
さすがに晴れて乾燥した天候なので、白菜の葉などだいぶ表面の葉から凍って痛んでいます。

昨年12月初めから正月明けまで娘二人と孫が帰っていて、いまどきの育児を体験しました。
出産に関して私達の時はすばらしい助産婦さんにめぐり会えたのですが、今は里帰り出産というむずかしい問題になるようです。

育児についても、もっとおおらかだったように思います。夫婦で育児をしていたら本当に大変だなと感じます。
私のところでは、夫婦で農家だったのでどちらか見ることができたのですが、。とにかく、いろんな面で(仕事とのかかわりから、保育園のことなど)育てにくい時代になっていること痛感します。

競争して生きていく事を推し進める社会は味気なく楽しみもありません。
そんなに消耗した社会は長く続かないでしょう。

いつまでたっても戦う社会では、人類育たず、成長もなしです。うるおいとゆとり、寛容、回りを見渡せる心を養い、この貴重なありがたい世界に生きているのですから。<三井和夫>

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
里いも、大根、人参+金時人参、キャベツ、白菜、かぶ、クレソン、たくわん(ヌカ、天塩、柿の皮)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【2016年度の野菜購入申し込み開始!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始いたします。
隔週または週一回,月一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-04-16 10:19 | 八ヶ岳の無農薬野菜宅配

八ヶ岳のふもとの畑だより/2015年12月25日 はれ

あついくらいの天気で、野菜の収穫は汗ばむくらいで寒さで身体がこはばる事なく却ってだるささえ感じてしまいます。一度凍った白菜を収穫していると、太陽があたっているところはあたたかく煮えているような手ざわりでした。大きくなった大根は「ス」が入っています。今まで送った大根、スが入っていたらごめんなさい。料金を差し引いて下さい。

白菜の枯れた葉をむくと、あぶら虫がいます。葉をかきとっていくと、徐々に少なくなります。あぶら虫だけでなく葉の間に、てんとう虫、ヨトウムシ、クモなどいろいろな虫が暮らしています。クモに体液を吸われている虫の亡骸(なきがら)もあります。あぶら虫は取り除いていますが、少しいるかも知れません。あたたかく水分が多いのであぶら虫には恵まれた天候です。

今年は、4月から乾燥した天気が続き、春の葉物、人参、大根などあまり収穫できませんでした。2月に種まきした人参が育つという今まで考えられないことが2年にわたっています。

夏はトマトがたくさんとれて、昨年少なかったので挽回できました。

秋は適度の雨とあたたかさで、秋野菜はできすぎでした。これまで9月15日が大根の種のまきおさめだったのに、9月15-20日が今年は適期でした。

天候に応じることが前提の農作業です。とらえきれない技量の狭さを感じつつ、田畑に一期一会で向き合いたいと思っています。お世話になりました。来年のみのり多い年となりますように。

来年は1月8日(金)に送ります。毎週の方も1月から隔週になります。<三井和夫>

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

【今日の野菜】
里芋、大根、白菜、チンゲンサイ、キャベツ、人参、小かぶ、こまつな、もち

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【2016年度の野菜購入申し込み開始!】
数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。


2016年6月中旬より配送開始いたします。
隔週または週一回配送可。
完全無農薬、不耕起農法

「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵としない」農法のことです。 私たちは奈良県桜井市の自然農実践者川口由一さんから学び、 また仲間達とも日々学びあいながら、自然の営みにそった農を実践しています。

八ヶ岳は長野県と山梨県の境にある雄大な連山です。
四季折々の豊かな恵みを与えてくれるこの八ヶ岳の南麓に、私達の農園はあります。

自然農で栽培した野菜は、必要以上に大きくなく、その日の朝もぎたての野菜を、ひとつひとつ新聞紙でくるんで、ダンボールパックにに詰めてお届けします。 野菜はその時出来ている、最も食べ頃の野菜を見つくろって箱詰めします。

どんな野菜が届けられるは、私たちにお任せ下さい。
そのかわり、私たちは責任と誇りと愛情を持って、皆さんの代わりに畑仕事をし、皆さんの食卓に上がる野菜を育てます。


申し込み:〒408-0022 山梨県北杜市長坂町塚川611
           0551-32-4705 三井和夫         
           又は、a-karsan@nifty.com


結いまーる自然農園のホームページ↓
http://mitsui-farm.la.coocan.jp/
[PR]
# by mitsui_farm | 2016-03-13 21:55